法律と金銭関係で知っておきたいことをご紹介します

税務相談は専門としているところへ相談しよう

GALLERY

相談サービスを利用

近年では、移転価格税制などの相談サービスを受けることができるようになっています。現代では、おおくの企業がビジネスを世界に広げているので、この様な相談サービスを利用する様になったのです。

詳細を見る

保険に入る

交通事故などで後遺障害を患ってしまった場合は、家内R悲惨です。今までできたことができなくなってしまうような事になってしまうので、しっかりと保険に入っておくことが重要な分かれ道になります。

詳細を見る

離婚問題について

最近では、多くの方が相談する際に持ち掛けてくるのが離婚相談です。離婚相談をする際には弁護士に相談するのが一般的です。もし離婚でこじれてしまえば、家庭裁判所で審判を下さなくてはならないのでとても大変です。

詳細を見る

リスク軽減のために

新宿で有名な税理士なら:福嶋税務会計事務所

移転価格税制を認識しておく

移転価格税制は日本が世界に先駆けて導入し、現在では30カ国以上が導入しています。移転価格税制とは企業グループ内での取引価格いわゆる移転価格が、企業グループ外の顧客への販売価格いわゆる独立企業間価格と異なる場合に、独立企業間価格を基準に課税する制度であります。この制度により、もし移転価格が独立企業間価格より安ければその差額に対しても課税されてしまいます。移転価格を調整することにより税率の高い国での利益を少なくし、税率の低い国での利益を多くして租税回避されてしまうのを防ぐことを目的としています。この移転価格税制は租税回避が故意であろうとなかろうと実効されてしまいます。最近では製品の取引だけではなくロイヤリティ収入に対しての課税事案が多くなっております。また中国では日本企業に対して多くの移転価格調査が行われており、その調査は中小企業にまで及んでいまので注意が必要です。

二重課税のリスクを軽減する

独立企業間価格の算出方法には独立価格比準法、再販売価格基準法、原価基準法の中から適切な基準を選んで算出します。しかしこの独立企業間価格の算出が最も問題となっております。その問題が発生するリスクを軽減する制度もありますので確認しておく必要があります。移転価格税制のリスクのため事前に独立企業間価格の算定方法について税務当局に相談できる制度があります。もしそれでも二重課税が生じてしまった場合には、日本と海外の税務当局で話し合いを行うように申し立てることが出来ます。この協議の結果、両国間で合意された場合は二重課税が是正されます。しかし最も重要なのは、海外子会社との移転価格を決める基本ルールを定める移転価格ポリシーを構築することであります。

↑ PAGE TOP